スタートアップ支援を高度化 10月に専門部隊 商工中金

2022.09.16 04:45
起業・創業支援
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク
ON商工中金、スタートアップ
営業店のサポートを担う「スタートアップ支援室」(10月1日付新設)は、主に20代後半~30代前半のメンバーがそろう(9月8日、本店)
商工組合中央金庫は、10月1日にスタートアップ(SU)支援の専門部隊を新設し、組織を挙げて支援手法の高度化を進める。各社のニーズに応じて柔軟に期間・貸出金額を設定し、オーダーメイド型の資金供給を行う。本業支援も積極化していく方針だ。
10月、ソリューション事業部内に「スタートアップ支援室」を立ち上げる。同室職員はSUを担当する営業店の副...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク

関連記事

与信費用増加で減益 商工中金の4~9月期決算
商工中金決算
人事異動 商工組合中央金庫(10月1日)
東日本銀と商工中金、スタートアップ支援で提携
九州ひぜん信金、商工中金と提携 県内金融機関で初
ビジネスマッチング業務の覚書を締結した商工中金の新谷紀明・佐賀支店長(左)と石橋理事長(8月31日)

関連キーワード

起業・創業支援


アクセスランキング

おすすめ