アフラック、吉住副社長を降格処分 前職の経営責任で

2022.08.24 12:16
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

アフラック生命保険は8月23日、吉住公一郎取締役副社長を降格処分とする役員人事を発表した。節税を目的とした「名義変更プラン」による販売を推進し、金融庁から業務改善命令を受けたマニュライフ生命保険の前CEOとしての経営責任を明らかにした形だ。


アフラック生命は、同プランによる販売を主導していた吉住取締役副社長に対し、取締役の退任と専務執行役員への降格の処分を下した。前職で受け取った退職金は、全額自主返納する。


また、アフラック生命の100%子会社「SUDACHI少額短期保険」では、勝矢宏取締役(マニュライフ生命の前専務執行役兼チーフ・ガバナンス・オフィサー)を退任処分とした。金融庁の業務改善命令において、名義変更プランの推進を黙認・看過していたと疑われる実態が認められるとの記述があったため。吉住氏と同様に、退職金全額を自主返納する。ただ、事実関係を鑑み、アフラック生命の常務執行役員としては留任する。


マニュライフ生命では、吉住氏らを含む旧経営陣が法人から個人への名義変更による節税を目的とした低解約返戻型の法人向け商品の開発、販売推進を主導。金融庁は、保険本来の趣旨を逸脱した募集活動を行っていると判断し、7月14日に業務改善命令を発出した。


マニュライフ生命では8月15日、業務改善計画を同庁に提出。その中で退任した役員の責任として、退職金の任意返還を求めていた。

すべての記事は有料会員で!
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

アフラック、信金向けに研修実施 来店型ショップも紹介
「研修に参加した職員の成長を実感している」と語る多摩信金の濱田氏(2月16日、新宿住友ビルで)
アフラック、信金実務責任者向けセミナー開催 元阪神・掛布氏が講演
現役時代のエピソードを語る掛布氏(1月25日、大阪市のアフラック会議室)
アフラック、初の合同研修開く 首都圏4信金が参加
金融界、「ハイブリッド勤務」継続 手当の創設・拡充が加速

関連キーワード

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)