富士信金、脱炭素化支援を強化 設備導入に補助金提案

2022.08.24 04:20
SDGs 脱炭素 取引先支援
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク
富士信金本店
富士信用金庫(静岡県、浅見祐司理事長)は2022年度から、省エネルギー関連補助金を活用した取引先の脱炭素化支援を強化している。業種や経営状況をもとに見込み先約200社をリストアップ。補助金活用による新設備導入などを提案し、8月19日までに約30社をサポートした。
営業エリアには製造・製紙業が多く、大手企業と取引のある先を中心に脱炭素化へ...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク

関連記事

役員人事 富士信用金庫(6月14日)
富士信金富士支店、「提案型」で新事業創出 補助金採択後に注力
商品の売れ行きなどについて話す(左から)久保田支店長、渡邊智一係長、ハンザワの半澤敏夫代表取締役(3月8日、DADA富士店)
富士信金、プロ自転車チーム応援 地元レース盛り上げ
地元のプロサイクリングチーム「レバンテフジ静岡」のロゴ入りシャツを着用する職員(3月18日、本店)
富士信金、本部・営業店一体で課題解決 伴走支援型特別保証で成果
西尾商店の西尾公伸代表取締役社長(中央)、西尾透雄専務取締役(右)と話す融資部事業サポート課の高橋広和課長代理(11月30日、西尾商店)

関連キーワード

SDGs 脱炭素 取引先支援


アクセスランキング

おすすめ