福岡ひびき信金、M&A成約10件目指す 取引先の廃業を避ける

2022.07.03 04:30
事業承継支援
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
M&Aの案件協議をするソリューション営業部事業承継グループの(左から)林貴寛調査役と藤島勇太調査役、小林祐介主任(6月16日)
M&Aの案件協議をするソリューション営業部事業承継グループの(左から)林貴寛調査役と藤島勇太調査役、小林祐介主任(6月16日)
福岡ひびき信用金庫(北九州市、井倉眞理事長)は、2022年度末までの1年間でM&A(合併・買収)の10件成約(譲渡・譲受の合計)に向けて取り組む。マッチング候補先のピックアップから最終契約まで全面的にサポート。後継者不足による取引先の廃業を避け、事業継続を目指す。
17年度に専担部署を設置以降、21年度末までに譲渡を希望する289社に関...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

人事異動 福岡ひびき信用金庫(2024年4月1日)
川崎信金など、4信金で知財マッチング オンラインで活用広げる
オンラインイベントの様子(2月6日、川崎市内)
福岡ひびき信金、職員向けに100周年祝賀会  OBら650人が参加
挨拶する井倉理事長(1月20日、北九州市)
信金の役割や使命発揮  野村・福岡ひびき信金会長
野村廣美・福岡ひびき信金会長

関連キーワード

事業承継支援

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)