のと共栄信金、補助金申請を〝自前〟で支援 「現場力」向上にトレーニー

2022.06.30 04:44
事業再構築支援
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
少人数向けラグジュアリーバスを導入した丸一観光の木下常務(右)とのと共栄信金の担当者(6月17日)
のと共栄信用金庫(石川県、鈴木正俊理事長)は、取引先企業の補助金申請を原則自前でサポートし成果をあげている。もともと補助金支援に力を入れており、事業再構築補助金の実績は第5回までに52件。5月からは本部トレーニーも始め、「現場力」を底上げしている。
同信金の事業再構築補助金の支援実績は、北陸地区15信金で最多。基本的には外部の専門家を頼...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

信金、ATM×AIで特殊詐欺防止 西尾、福島など試行導入
AI画像検知付ATMを試行する西尾信金職員(5月8日)
能登半島地震から4カ月、事業再開支援が本格化 復旧・復興フェーズへ
塩田村の状況を説明する石田社長(左から3人目)と中野支店長(同4人目、4月19日、奥能登塩田村)
のと共栄信金、被災事業者の商品を懸賞に 「能登半島復興応援定期」開始
人事異動 のと共栄信用金庫(2024年4月1日)

関連キーワード

事業再構築支援

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)