地銀、散在データの統合浸透 ダイナトレック社サービス25行導入

2022.06.02 04:47
事務効率化 顧客管理
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
ダイナトレック社のサービス画面
地方銀行で、さまざまなシステムに散在するデータの統合・分析が浸透している。なかでも、仮想データベースで連携できるソフトウェアを提供するダイナトレック社のサービスは、地銀の4割に上る25行が導入。経営層と営業店では集約・可視化した複数データを使い、業務効率化や顧客体験(CX)向上に役立てている。
同社の「DYNATREK」は、勘定系システ...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

千葉銀と横浜銀、新たに提携効果250億円めざす パートナーシップ5カ年計画
役員人事 千葉銀行(2024年6月26日)
千葉銀、24年3月期純利益3.5%増の624億円 国内貸出が伸長
会見する米本頭取(5月10日、千葉市の千葉銀本店)
中国銀、プラチナくるみんプラス取得 中国地区金融機関で初
交付式で、岡山労働局からプラチナくるみんプラスの認定を受けた加藤頭取(右、5月9日、中国銀本店)

関連キーワード

事務効率化 顧客管理

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)