広島銀、自律的なキャリア構築へ リスキリングを後押し

2022.05.15 04:50
人材育成
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク
広島銀行は、2022年度から「キャリアデザイン制度」を創設。行員の柔軟なキャリア構築を支援する。若手を対象にした「社内インターンシップ」と、リスキリング(学び直し)による職務転換を支援する「キャリアチェンジサポート」の2つのメニューで、個人の能力や専門性の発揮を後押しする。
「社内インターンシップ」は、入行7年目までの行員が最長2週間、...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク

関連記事

広島銀、支店単位で高齢者支援 地域包括センターと連携
年金支給日に合わせてイベントを開催し、行員は高齢者の健康や金融面の悩みに触れた(6月15日、向洋支店)
おくやみ 高橋 正氏が死去 元広島銀頭取
民間デジタル通貨、メガバンクなど実証実験を本格化
広島銀、SLLへの“道のり”サポート 2段階の支援スキーム形成
サステナ経営の方針策定において議論する法人企画部の行員ら(広島銀提供)

関連キーワード

人材育成

アクセスランキング

おすすめ