百十四銀、事業性評価を深掘り 専担の「法人SA」が活動

2022.05.09 04:50
コンサル 事業者支援
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク
百十四銀行は、取引先が抱える経営課題の解決に向けて事業性評価の深掘りを進めている。中心は、2020年度に新設した本部所属の「法人SA(ソリューションアドバイザー)」。これまでに取り組んだ先は二十数先に上り、3年目を迎えた22年度は伴走型の解決支援も並行して力を入れる。
20年度にスタートした現中期経営計画で、総合コンサルティング・グルー...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク

関連記事

百十四銀、住宅ローンアドバイザー取得で成果 個人コンサル強化へ年164人合格
優秀な成績を収めた団体として金融検定協会の星野理事長(左)から表彰を受ける綾田頭取(4月20日、本店)
百十四銀、シンガポール事務所閉鎖
人事異動 百十四銀行(4月1日)
役員人事 百十四銀行(4月1日)

関連キーワード

コンサル 事業者支援

アクセスランキング

おすすめ