湘南信金、庫内報作り続けて30年 コロナで休刊危機も

2022.04.10 04:30
地域・社会貢献
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク
湘南信用金庫(神奈川県、鷲尾精一理事長)が毎月1回発行する庫内報「SHONANの風」。1989年9月1日の創刊以来、職員や住民の支えを受けて30年以上休むことなく発行している。コロナ禍では一時休刊の危機もあったが担当者らの踏ん張りで乗り越えてきた。
「地域情報を発信する新聞」(本部)という創刊時の姿勢を引き継ぎ、総合企画部が製作を担当。...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク

関連記事

役員人事 湘南信金(6月23日)
湘南信金鎌倉営業部、案件呼び込む仕組み構築 高級和食店の創業支援
北嶋氏(左)と情報交換する遠藤部長(右)と柴田代理(2月4日、鎌倉 北じま)
湘南信金 、新契約書管理システム導入 イントラネットで管理
JICA、社会貢献債が人気 ジェンダー平等に200億円

関連キーワード

地域・社会貢献

アクセスランキング

おすすめ