徳島大正銀、近大と包括連携 強み生かし課題解決

2022.03.24 19:20
提携・連携
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク
覚書を締結した近大の竹原リエゾンセンター長(左)と、徳島大正銀の板東頭取(3月24日、近大東大阪キャンパス1号館)
覚書を締結した近大の竹原リエゾンセンター長(左)と、徳島大正銀の板東頭取(3月24日、近大東大阪キャンパス1号館)
徳島大正銀行は3月24日、近畿大学と包括連携協定を締結した。四国と大阪に広がる銀行の取引先企業ネットワーク、大学の研究成果や高度な知識など双方の強みを生かし、地域課題の解決、新産業創出を目指す。
大学との連携協定は、徳島大学、香川大学に続き3校目。取引先の技術相談やインターンシップの受け入れなどを通じて関係を構築し、今回の協定締結につな...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク

関連記事

徳島大正銀、103カ店に森林相談窓口 管理支援で3者間協定締結
協定の締結式に臨む(左から)板東・徳島大正銀頭取、飯泉・徳島森林づくり推進機構理事長、鎌倉・とくしま森林バンク理事長(6月23日、徳島県庁)
役員人事 徳島大正銀行(6月27日)
人事異動 徳島大正銀行(6月1日)
徳島大正銀と香川銀、ゼロボードと業務提携 取引先の脱炭素を支援

関連キーワード

提携・連携

アクセスランキング

おすすめ