青森・みちのく銀、統合5年で黒字7億円 基盤的金融収支

2022.03.23 21:05
経営統合・合併
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク
青森銀行とみちのく銀行は3月23日、独占禁止法特例法の適用認可を受け、基盤的サービス維持計画と、国の資金交付制度に基づき策定した実施計画を公表した。計画は持ち株会社「プロクレアホールディングス」が設立される2022年4月からの5年間。利益や費用などで算出する「基盤的金融サービスに係る収支」は両行とも当面赤字を見込むものの、経営統合によりシ...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク

関連記事

青森銀本店営業部、有償アドバイザリーに強み 新商品開発を支援
外部専門家など支援に携わる関係者で開く会議(奥左から4人目が笹原社長、5人目が佐々木部長代理)(青森銀提供)
役員人事 みちのく銀行(6月24日)
役員人事 青森銀行(6月24日)
人事異動 みちのく銀行(5月1日)

関連キーワード

経営統合・合併

アクセスランキング

おすすめ