横浜銀、店内に生鮮宅配ボックス 地場産品の販路支援

2022.03.24 04:46
販路拡大支援
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク
QRコードをかざすと扉が解除し、注文品を受け取れる(3月23日、上大岡支店)
QRコードをかざすと扉が解除し、注文品を受け取れる(3月23日、上大岡支店)
横浜銀行は、料理レシピサイトのクックパッドと連携し、店舗内に生鮮宅配ボックスを設置した。同社の電子商取引(EC)サービス「クックパッドマート」で購入した野菜や肉などの生鮮食材が受け取れる。三浦半島の地場産品も購入できるようにし、消費拡大や販路支援につなげる。4月6日から県内4カ店で本格稼働させる。
上大岡、弘明寺、磯子、たまプラーザ各支...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク

関連記事

横浜銀、GHG削減支援  連携2社とSDGs事業性評価
型破りバンカーが活躍② 横浜銀の金井さん 銀行とクックパッドで兼業
横浜銀、事務担当のキャリア転換後押し 1200人対象に業務説明会
事務担当行員はキャリアチェンジに向け本部責任者の話に真剣に耳を傾けていた(6月9日、本店)
横浜銀が女性活躍促進プロジェクト 次世代の管理職候補に年間講義

関連キーワード

販路拡大支援

アクセスランキング

おすすめ