広島市信組、「見えない清潔感」徹底

2022.03.06 04:45
地域・社会貢献
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク
塗装した本店屋上を点検する山本理事長(3月2日)
塗装した本店屋上を点検する山本理事長(3月2日)
「お客さまから見えない所にも気配りし、きれいにする」と話す広島市信用組合の山本明弘理事長。2021年9~12月、本店ビルの屋上を10年ぶりに塗装した。近隣ビルの屋上が黒く汚れるなか、ヘリポートや配管、空調設備、歩廊など一面を白くし美観を回復。
営業店も執務室やトイレを含めて快適さを重視。改善要望を待つのではなく、役職員が臨店時に点検して...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク

関連記事

広島市信組、「賃上げ」から「ハード整備」へ 預金1兆円視野にDX加速
オンラインサービス「登記簿図書館」で保証人の不動産保有状況を検索する管理部の職員(1月26日、本店)
役員人事 広島市信組(21年12月20日)
広島市信組、「損して得取る」クリーン大作戦 職員が全店を高圧洗浄
店舗入り口を高圧洗浄する総務部の(左から)沖伸吾さん、白石浩一さん(12月22日、商工センター支店)
広島市信組、18年連続で中間期増収 ゼロゼロ後も融資282億円拡大
「リスクをとった融資で支援し続ける」と話す山本理事長

関連キーワード

地域・社会貢献

アクセスランキング

おすすめ