広島信金、若手画家支えて10年

2022.03.02 19:00
地域・社会貢献
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク
受賞した中内さんには川上理事長(左)から賞状が渡された(3月2日、広島信金本店)
受賞した中内さんには川上理事長(左)から賞状が渡された(3月2日、広島信金本店)
「広島にゆかりのある若手日本画作家を応援したい」。広島信用金庫(広島市、川上武理事長)は3月2日、2021年度日本画奨励賞の授与式を開いた。13年にスタートして同信金が作品を購入することで支援。今回で10年目を迎えた。
広島市立大学と協議して毎年1作品を購入する。今回は中内共路さんの「beautiful life」に決まった。川上理事長...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク

関連記事

広島市内金融機関、原爆犠牲者を慰霊 平和への願い胸に
ひろぎんHDの役員5人が黙とうを捧げた(8月6日、ひろぎんHD本店)
役員人事 広島信金(6月15日)
広島信金段原支店と東雲中央支店、困りごとを率直に聞く 課題解決して取引深耕
取引先の綾部不動産を訪ねて情報交換する海田和志次長(左、5月20日)
人事異動 広島信用金庫(4月1日)

関連キーワード

地域・社会貢献

アクセスランキング

おすすめ