横浜銀、GHG排出量算定・可視化で実証実験

2022.01.19 04:48
脱炭素
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク
横浜銀行は、取引先の温室効果ガス(GHG)排出量を算定・可視化するための実証実験に取り組んでいる。政府が掲げる「2050年カーボンニュートラル」の実現に向け事業活動で生じるGHG削減が求められるなか、取り組みが遅れている中小企業のサステナブル経営の高度化を支援する狙いがある。
同行は2021年12月に、エネルギー専門商社の伊藤忠エネクス...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク

関連記事

横浜銀、自治体の脱炭素推進 支援プラットフォーム始動
関東地区地銀、高校金融教育を支援 出前授業や動画で 
高校生に出前授業を行った横浜銀(4月28日、吉田島高校)
横浜銀、地公体と脱炭素推進 情報交換や実証の場を設置
横浜銀、SDGs融資商品充実 多様な課題解決へ

関連キーワード

脱炭素

アクセスランキング

おすすめ