証券各社、ファンドラップ広がる 提携拡大や新規参入も

2021.11.18 04:50
株式市場 提携・連携
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
証券各社は金融機関と連携し、投資信託を用いた投資一任運用サービス「ファンドラップ」の提供を拡大している。野村ホールディングス傘下の「ウエルス・スクエア」が2016年11月、福岡銀行と提携したのを初めに、大和証券が愛媛銀行へ、マネックス・アセットマネジメントは静岡銀行へそれぞれサービスを提供した。22年以降も楽天証券やアイザワ証券が金融機関...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

大手証券、ESG債主幹事競う 多様な企業ニーズに対応
ラップ市場、対面と非対面で拡大続く 大和・日興証券が首位争い
野村証券とアバント、企業価値向上で業務提携 支援ソフトを共同開発
役員人事 野村証券(2024年3月31日、4月1日)

関連キーワード

株式市場 提携・連携

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)