四国地区地銀、キャリアアップの出向 金融以外のスキル取得へ

2021.11.14 04:45
人材育成 地方創生
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク
歴史的建造物をビール施設にリノベーションするなど、地域開発に注力する高松さん(10月27日、大洲市内)
歴史的建造物をビール施設にリノベーションするなど、地域開発に注力する伊予銀の高松さん(10月27日、大洲市内)
〝銀行員の出向〟と聞くと〝左遷〟や〝片道切符〟などマイナスイメージを連想するかもしれない。しかし、現在は未来へのキャリアパスとして行員に出向を経験させる銀行が増えている。外部の企業から知識やスキルを学び、銀行に還元する制度を定着させる四国地区地方銀行の取り組みをみた。

「消費者庁で得る人脈」阿波銀 三谷 達也さん
阿波銀行は、徳島...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク

関連記事

伊予銀、いよぎんHDを設立 持ち株会社移行を決議
伊予銀、地銀で初めて日本経営と業務連携 地域医療の課題抽出
伊予銀、自前の遺言書作成支援に強み ウェルスアドバイザーが活躍
漫画を使ったチラシで遺言書作成のニーズを喚起する(一部抜粋、伊予銀提供)
人事異動 伊予銀行(4月23日)

関連キーワード

人材育成 地方創生

アクセスランキング

おすすめ