鹿児島信金、24年3月純利益6.7%増の2億5300万円 9期ぶり増収増益

2024.06.17 19:39
決算
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

鹿児島信用金庫(鹿児島県、市川博海理事長)の2024年3月期決算は、9期ぶりに増収増益を確保した。貸出金利息と有価証券関連収益などの増加が主因。6月17日の総代会で報告した。


経常収益はその前の期比0.9%増の56億5800万円、当期純利益は6.7%増の2億5300万円だった。不良債権比率は0.22ポイント上昇の2.35%、自己資本比率は0.14ポイント上昇の8.40%となった。


25年3月期の当期純利益は前期比20%減の約2億円を見込む。

すべての記事は有料会員で!
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

鹿児島信金、取引先向け販売会開催 販路開拓や知名度向上に
商品を販売する濱田さん(7月5日、アミュ広場)
役員人事 鹿児島信用金庫(2024年6月17日)
鹿児島信金、年金支給日に終活ノート配布
エンディングノートを手渡す職員(右、6月14日、本店)
鹿児島信金、ビジコンを初開催 創業後押しで地域活性化

関連キーワード

決算

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)