九州FG、新会長の郡山氏が抱負 「さらなるシナジー求める」

2024.06.17 19:06
経営計画・戦略
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
撮影に応じる郡山会長(左)と笠原社長(右、6月17日、鹿児島銀本店ビル)
撮影に応じる郡山会長(左)と笠原社長(右、6月17日、鹿児島銀本店ビル)
九州フィナンシャルグループ(FG)は6月17日の株主総会と取締役会で、鹿児島銀行の郡山明久頭取を代表取締役会長に選出した。
記者会見した郡山氏は、同FG設立から「シナジー効果を着実に生み出せている。経済・金融環境が変わるなかで、さらにギヤを上げて経営統合の効果を求める」と話した。笠原慶久社長(肥後銀頭取)は、「(郡山氏は)建設的でバラン...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

銀行界、女性管理職比率16.3% 定義厳格化で足踏み
寸言 郡山明久・鹿児島銀行頭取
九州地区地銀、新紙幣対応 来店客多くにぎわう 「日本の技術の塊」に感激
新札を求めて混み合う店内(7月3日、福岡銀本店営業部)
鹿児島銀、しずおかFGと協働 ファンドにノンリコ融資

関連キーワード

経営計画・戦略

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)