滋賀銀、県内企業初のプラチナくるみんプラス認定

2024.06.17 12:41
働き方改革
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
認定通知書を受け取った西藤崇浩・滋賀銀専務(左)と滋賀労働局・多和田治彦局長(6月14日、滋賀銀提供)
認定通知書を受け取った西藤崇浩・滋賀銀専務(左)と滋賀労働局・多和田治彦局長(6月14日、滋賀銀提供)
滋賀銀行は6月14日、滋賀労働局から「プラチナくるみんプラス」の認定通知書を受け取った。認定日は4月30日。滋賀県内企業の認定は初めて。プラチナくるみんプラスは、次世代育成支援対策推進法に基づき厚生労働省が設けた不妊治療支援に関する認定制度。
同行は、①私傷病特別休暇制度の利用要件に不妊治療を追加➁不妊治療を受けるための選択時差勤務制度...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

地域銀、採用に「デジタル広報」 ツールの使い分け進む
滋賀銀と関西みらい銀、遺言信託を活用した遺贈寄付 滋賀県内自治体と協定
協定書を手にする馬欠場・関西みらい銀常務執行役員 (前列左)と遠藤・滋賀銀常務(左から3人目、6月19日、滋賀県公館)
銀行・信金、新卒の選考方法見直し 母集団形成へES簡素化
地銀、進むTNFD対応 4行・グループが情報開示

関連キーワード

働き方改革

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)