個人国債の販売戦略変化 三井住友銀、非対面軸に2000億円

2024.06.14 04:45
預金 資産形成 国債
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
金融界の個人向け国債の販売戦略に変化の兆しがでている。三井住友銀行はリモート部隊の推進が奏功し、2023年度に販売額が2000億円を超えた。販売額の多いゆうちょ銀行も非対面販売を検討しているもよう。金利上昇局面を迎え、金利の魅力が回復しつつあるなか、預金金利を高めに設定するインターネット専業銀行などへの預金流出に対抗する手段として期待する...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

【実像】急げ「カスハラ」対策 CS・ES向上の好循環へ
全銀協が会員向けに作成したカスハラ防止を呼びかけるポスター
全銀協5委員長に聞く(1)安地・企画委員長 新興支援、知見共有で底上げ
安地和之企画委員長(三井住友銀常務執行役員)
金融界、60代の処遇「現役」並みに 「シニア人材」生かす
三井住友銀、25年にサービス計画休止 新勘定系システム移行で

関連キーワード

預金 資産形成 国債

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)