広島みどり信金、町の書店復活を支援 物件探し伴走、商品陳列も

2024.06.11 04:30
社会・地域貢献
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
絵本コーナーについて語り合う(左から)総商さとう佐藤社長と本庄将之・専務取締役、森田支店長(5月20日、庄原市)
絵本コーナーについて語り合う(左から)総商さとう佐藤社長と本庄将之・専務取締役、森田支店長(5月20日、庄原市)
広島みどり信用金庫(広島県、小林明宗理事長)は、庄原市中心部で唯一の書店「ほなび」の出店を後押しした。地域のにぎわいづくりに不可欠な書店を復活させたいと誘致から物件探し、商品陳列、経営サポートなど伴走支援を徹底。5月10日のオープン以降、大勢の来店客でにぎわっている。
本店を置く庄原市は2005年に1市6町が新設合併して誕生した。23年...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

広島みどり信金、廃棄リンゴがビールに 県北企業の出会い創出
高野りんごビールの完成を喜ぶ(左から)なちゅbioの岡田氏、緑の村の井上氏、広島みどり信金の小林理事長(3月6日、広島みどり信金本店)
広島県4信金、初の合同マルシェ開催 おいしい広島食が集結
情報交換する信金職員ら(11月11日、広島駅)
広島県内4信金としんきん地域創生ネットワーク、生産者と実需者つなぐ 取引額が1億2000万円に
ネギ油を紹介する「Agri Lore Lab.」の藤谷社長(右端、10月17日、広島県立広島産業会館)
中国地区3信金、「ひとり専担者」の仕事術 新しい付加価値創造
経営者と談笑する常見課長(右、7月20日、瀬戸内市)

関連キーワード

社会・地域貢献

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)