伊予銀、英語発音の学習プログラム 海外業務部門向けに先行展開

2024.06.11 04:35
人材育成
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
(左)発音の見える化ツール、(右)イントネーションの見える化ツール
(左)発音の見える化ツール、(右)イントネーションの見える化ツール
伊予銀行は、今秋にも海外業務部門向けに英語発音学習プログラムを展開する。正しい発音やイントネーションを身に付けることで、現場力を高めるのが狙い。優先度の高いシップファイナンス部やシンガポール支店を対象に先行導入し、その後、他分野での展開も検討していく。
金融界で初めて導入した「英語の見える化アプリ」は、三井物産グループの「Moon Cr...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

役員人事 伊予銀行(2024年6月27日)
伊予銀、「事業共創プログラム」始動 次世代の愛媛支える産業発掘
事業共創プログラムについて説明する木原常務(左)と地域創生部の赤塚昌弘部長(6月17日、本部)
銀行・信金、新卒の選考方法見直し 母集団形成へES簡素化
伊予銀、愛媛FC選手が食堂に! 即席サイン会で観戦誘致
ユニフォームなどのグッズを持参し、選手のサインをもらう行員も多くみられた(6月5日、伊予銀本店食堂)

関連キーワード

人材育成

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)