四国銀、遺言代用信託を開始 オリックス銀と契約締結で

2024.06.10 18:18
相続
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
四国銀行は、オリックス銀行と信託契約代理店の業務委託契約を締結し、6月10日から遺言代用信託の取り扱いを開始した。相続が発生した際に、申込人が遺言書を作成していなくても、あらかじめ指定した家族などの受取人に金銭を渡すことができる。
この商品は、オリックス銀が元本を保証し、生前中に年1回の予定配当率に応じた配当金を受け取れる。無料で途中解...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

四国アライアンス、奨学金返済を4行が支援 地元企業への若手定着後押し
四国アライアンス奨学金返還支援制度のパンフレット
四国銀、商店街デジタル化支援 3者共同受託で課題解決
四国銀、熱き伴走でCF支援 目標額達成率100%実現へ
3者連携による地域特化型クラウドファンディングが好調(提供:READYFOR)
四国銀、サステナブル関連ローン 資金使途に応じ3商品提供

関連キーワード

相続

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)