銀行・大手信金、3割が中途人材増やす 目立つリファラルやスクラム採用

2024.06.07 04:40
人事制度 採用 調査・統計
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
銀行と大手信用金庫の3割が2024年度の中途採用者数を23年度比で増やす計画だ。IT・デジタル部門やM&A(合併・買収)などの専門人材の確保だけでなく、不足気味の営業人員を補う。紹介型のリファラル採用に加え、受け入れる現場が一定の採用権限を持つなど全社一丸の「スクラム採用」も目立つ。
大手行・地域銀行・大手信金(預金量上位50先)に調査...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

きらぼし銀、東商と共催でスタートアップピッチ
営業連携がうまくいかない要因を指摘する中村氏(7月19日、KicSpace HANEDA)
西日本シティ銀、本支店連携の案件3倍に サポート部隊、橋渡し
人事異動 中国銀行(2024年6月26日)
山口FG、PPP官民対話100件超 7件が事業実現
「PPP/PFIセミナー・官民対話」を受講する参加者(7月17日、もみじ銀本店)

関連キーワード

人事制度 採用 調査・統計

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)