肥後銀、荒尾市でCO2排出量算定システム導入

2024.06.03 18:38
脱炭素 システム
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
肥後銀行は6月3日、独自開発した企業などの二酸化炭素(CO2)排出量算定システム「Zero-Carbon-System(通称:炭削くん)」を荒尾市役所で導入したと発表した。地方公共団体では、初めて導入する。
同システムは、2023年6月に開発。電気やエネルギーなどの使用量データを入力することで、①CO2排出量の算定や可視化②削減目標の設...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

九州地区地銀、新紙幣対応 来店客多くにぎわう 「日本の技術の塊」に感激
新札を求めて混み合う店内(7月3日、福岡銀本店営業部)
肥後銀、実証実験期間を延長 地域ロス解消事業で
肥後銀、高校生キャリア教育で連携 明治安田生命と県教委の3者
締結式に参加した(左から)明治安田生命保険の梅野勝義・熊本支社長と白石伸一・熊本県教育長、笠原頭取(6月27日、熊本県庁)
肥後銀、合志市に18年ぶり新規出店 半導体関連で需要見込み
外観のイメージ(肥後銀行提供)

関連キーワード

脱炭素 システム

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)