常陽銀、日立製作所と脱炭素経営支援で協業 CO2排出管理サービスなどを提供

2024.06.03 17:11
提携・連携 脱炭素
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
常陽銀行は6月3日、日立製作所と中堅・中小企業の脱炭素経営支援拡充に向けた協業を開始したと発表した。日立のソリューションをベースに、二酸化炭素(CO2)排出量の算出・管理と使用エネルギーの見える化・最適化支援のサービスを提供する。
CO2排出量算出・管理サービス「エコサポ」は、日立が大企業を中心に提供している環境情報管理サービスをベース...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

地域銀、新興の力で社会課題解決 VC通じ〝接点〟作り
HIRACが6月に開いたミーティングイベントには地域金融機関や新興企業から80人以上が集まり関係を深めた(HIRAC提供)
地銀6行、女性監査部員による初の情報交換会
現在の監査部でいかされているキャリアなどを紹介(7月12日、八十二銀行研修所)
東西ペンリレー カイチョウですか?
常陽銀下館支店、補助金申請コンサルで深耕 貸出金8%増の899億円
金属プレス・板金業「時野谷製作所」の時野谷光雄代表(右)を訪ねる高松さん(5月21日、茨城県筑西市)

関連キーワード

提携・連携 脱炭素

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)