商工中金、生成AIの活用策を検証 事業性評価やマッチングに有効性

2024.06.03 04:50
事務効率化 AI マッチング支援
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
商工組合中央金庫が、生成AIの活用に向けた検証を始めている。本部内に立ち上げた「AIコミュニティ」の参画メンバーが、担当業務別に生成AIの利用可能性を探る。研究対象は、顧客情報の分析や営業店からの照会業務の効率化など13テーマ。特に事業性評価では、顧客との対話に活用する独自ツールのたたき台を自動で作成することに成功。取引先と提携企業とのビ...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

商工中金、有償人財サービスを本格化 マイパーパス策定へ研修 将来的な収益源にも
商工中金 、法人ポータルの導入拡大 中期で〝万件〟単位
商工中金、24年3月期の純利益32%減 与信費用の増加響く
商工中金、〝民営化〟で浮かぶ将来像 人材サービス子会社設立
本紙のインタビューに答える関根正裕社長(4月17日)

関連キーワード

事務効率化 AI マッチング支援

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)