セブン銀、2030年に次世代ATM 北海道で共同研究

2024.05.31 17:07
調査・研究 ATM
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
松橋社長は金融機関との連携について「基礎研究の先のサービス検討段階で検討していきたい」と語った。(5月31日、東京都)
松橋社長は金融機関との連携について「基礎研究の先のサービス検討段階で検討していきたい」と語った。(5月31日、東京都)
セブン銀行は5月31日、次世代ATMの開発に着手したことを発表した。北海道を開発拠点とし、北海道大学および釧路工業高等専門学校と共同研究を行う。同行のATM開発で初めて学術的な知見を取り入れる。
次世代機は2030年前後の実装を目指す。同行ATMはコンビニエンスストアを中心に全国約2万7千台設置しており、24年度中に現行の最新機である第...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

次世代ATM導入 相次ぐ、ユニバーサルデザイン採用 新紙幣にも対応
改革の旗手 松橋正明・セブン銀行社長 未来読みATM開発続ける
改革の旗手 セブン銀行社長・松橋正明(62)
セブン銀、米ATM事業強化 コンビニへ3000台拡大
役員人事 セブン銀行(2024年4月1日)

関連キーワード

調査・研究 ATM

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)