信組界、デジタル化へ業界連携 委員会設置し戦略検討

2024.05.30 04:40
DX 提携・連携 全信中協
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
信用組合業界は、中央団体や個別信用組合による連携を通じてデジタル化を進める。全国信用協同組合連合会は7月にも、全国信用組合中央協会や信組情報サービス(SKC)と「IT・DX(デジタルトランスフォーメーション)戦略委員会」を設置する。個別信組から同委員会に意見を収集する体制も整え、システムやアプリ戦略について検討していく。
同委員会の委員...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

全信組連、運用高度化で収益力高める 系統金融機関の役割発揮へ
第70期定時総会で全信組連の決算などについて話す山本会長(6月28日、全国信用組合会館)
人事異動 全国信用協同組合連合会(2024年7月1日)
全国職域信組協議会、総会で各決算・課題を共有 北村・全信組連理事長「金利上昇に注意」
総会内では、愛知県警察本部がサイバー犯罪の現状と対策を啓発した(7月4日、全信組連名古屋支店)
全信組連、9年ぶり信組向け特別定期 年1%、募集総額2000億円

関連キーワード

DX 提携・連携 全信中協

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)