岩手銀、滝沢市と連携協定 持続可能な地域社会めざす

2024.05.21 18:09
提携・連携 脱炭素
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
協定書にサインした岩山頭取(右)と武田哲・滝沢市長(5月21日、滝沢市役所)
協定書にサインした岩山頭取(右)と武田哲・滝沢市長(5月21日、滝沢市役所)
岩手銀行は5月21日、岩手県滝沢市と持続可能な地域社会実現に向けた包括連携協定を結んだ。脱炭素社会の実現に向けた連携協定を含め、今回で11市町村になる。
同市は、人口約5万4000人で、4月から8年間の第2次総合計画をスタート。サステナブル社会の形成や子育て世代の定住促進など「やさしさに包まれたまち滝沢」の実現を目指している。
武田哲...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

岩手銀、蓄電池ビジネス構築へ 県内で実証事業開始
役員人事 岩手銀行(2024年6月26日)
岩手銀、広告事業収益拡大へ ATM広告配信を開始
デジタルサイネージには15分に1回15秒間の企業広告を配信(5月8日、岩手銀本店営業部)
秋田銀と岩手銀、連携効果の目標額上回る 定性的な実績も
会見でアライアンスの連携効果を説明する新谷頭取(5月10日、秋田銀本店)

関連キーワード

提携・連携 脱炭素

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)