清水銀袖師支店、ソリューション営業が奏功 貸出金残高5億円増

2024.05.23 04:35
事業再生支援 M&A 営業・店頭体制
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
取引の状況を確認する杉山支店長(左から5人目、4月23日、同店会議室)
取引の状況を確認する杉山支店長(左から5人目、4月23日、同店会議室)
清水銀行袖師支店(杉山裕一支店長=行員18人うち渉外4人。パート6人)は、詳細な情報収集・分析による提案型営業で成果をあげている。分析結果を基に企業の課題解決に向けたソリューション営業を展開。手数料獲得や法人融資に結び付けている。貸出金残高は1年間で約5億円増の168億3800万円(2024年3月末)。23年度全店業績表彰で優績店となった...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

清水銀、24年3月期33億円の赤字 外貨建て債券売却で
静岡県内7機関、企業の脱炭素へ連携 同一の可視化ツール提供
銀行、外債処理で駆け込み売却 3月、1兆4000億円売り越し
人事異動 清水銀行(2024年4月1日)

関連キーワード

事業再生支援 M&A 営業・店頭体制

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)