高鍋信金、店舗業績評価見直し 地域課題解決など評価

2024.05.20 04:35
社会・地域貢献 業績評価・表彰
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
「職員の集い」で話す板垣理事長(5月11日、同信金)
「職員の集い」で話す板垣理事長(5月11日、同信金)
高鍋信用金庫(宮崎県、板垣衛理事長)は2024年度から支店の業績評価制度を見直す。地域の課題解決に向けた取り組みを評価する制度に変える。収益に直結する数値目標だけを追うのではなく、地域で信金の存在価値を高める行動とプロセスも評価対象とする。
全職員約230人が集まった5月11日の「職員の集い」で、24年度からの3カ年中期経営計画の概要と...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

南九州信金協、新会長に熊本中央の岡本氏
高鍋信金小林支店、補助金で多角化を後押し 提案力・支援力が強み
新工場に新設したショールームで打ち合わせする(左から)石村主任調査役、吉薗タイヤセンターの吉薗翼さん、田邉支店長(5月17日、吉薗タイヤセンター)
高鍋信金、取引先を動画で紹介 インフルエンサー活用
紹介動画の撮影は映像製作会社に依頼した(高鍋信金提供)
宮崎県の3信金、50先にコンサル提供 5000万円活用の共同事業
打ち合わせをする高鍋信金営業推進部の西田伸主任(左)、コンサルタントの高橋憲示さん(左から2人目)、水間篤大朗・オンザマーク社長

関連キーワード

社会・地域貢献 業績評価・表彰

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)