信金中金の24年3月期決算、連結純利益22%増 自己資本比率は25%超え

2024.05.17 18:34
決算 経営計画・戦略
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
決算を発表する柴田弘之理事長(5月17日、信金中央金庫京橋別館)
信金中央金庫が5月17日に発表した2024年3月期決算は、連結の当期純利益が前年同期比59億円(22.5%)増の321億円となった。円金利が上昇するなかで円債の売却を進めた一方、国債や外貨建て変動利付債に投資し利息収入が増加したことなどが要因。連結の自己資本比率は、3月に2000億円の増資を完了したことによる純資産の増加などを背景に、同3...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

信金、貸出強化へエリア拡大 法人向け増やし収益確保
信金中金研究所、信金の戦略策定を支援 事例まとめた冊子発行
役員人事 信金中央金庫(2024年6月21日)
信金中金、情報発信に若手の思考 SNSや動画で業界PR
本支店の20代職員らで構成する「PRデザインプロジェクトチーム(PT)」で新たな広報手法をテーマに議論した(3月26日、本店)

関連キーワード

決算 経営計画・戦略

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)