アフラック、日本郵政Gの持分法対象に 議決権20%で

2024.05.15 18:41
提携・連携 資本政策
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
米アフラック・インコーポレーテッドとアフラック生命保険は5月15日、日本郵政およびその傘下の日本郵便、かんぽ生命保険の3社が行使する議決権が20%に達したことから持分法の適用対象になったと発表した。2018年に5者の間で合意した「資本関係に基づく戦略提携」を実行に移したもの。
同提携で日本郵政グループ(G)は、米アフラックの普通株7%程...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

寸言 谷垣邦夫・かんぽ生命保険社長
日本郵政Gと住宅機構、被災地の早期復興へ協定 情報や拠点共有で連携
金融機関、「カスハラ」対応急務 コロナ禍後に被害増加傾向
日本郵政、純利益37%減の2686億円 ゆうちょ銀の株式売却響く 25年3月期は4%増益

関連キーワード

提携・連携 資本政策

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)