あいおいニッセイ同和、被災地の復興を後押し 金沢市と物産展を開催

2024.05.14 18:35
災害・防災・復興 地域・社会貢献
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
レジには購入する多くの役職員の行列ができた(5月14日、本社ビル)
レジには購入する多くの役職員の行列ができた(5月14日、本社ビル)
あいおいニッセイ同和損害保険は5月14日、本社ビルで能登半島地震の被災地復興を後押しするため、連携協定締結先の金沢市とともに、石川復興物産展を開催した。
本社ビルに勤務する社員を対象に販売された物品は、弁当、菓子類、名産品、地酒など物産品100種類、工芸品20種類の約120種類。
当日は、新納啓介社長や北陸担当の南波靖一朗常務執行役員...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

あいおいニッセイ同和損保、取引先のサイバーリスクを診断 サプライチェーンを一括で
大手損保、都市部で「日本版ライドシェア」保険 4100台加入で将来は8200台に拡大へ
あいおいニッセイ同和、事業リスク定量化アプリ開発 24年度内に提供を開始
大手損保、自動車保険 引き上げ圧力 事故増加や物価高で

関連キーワード

災害・防災・復興 地域・社会貢献

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)