金融機関、「カスハラ」対応急務 コロナ禍後に被害増加傾向

2024.05.16 04:45
ES 新型コロナ 営業・店頭体制
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
金融機関で、顧客からの暴言や不当な要求を指す「カスタマーハラスメント」への対応が急務になっている。コロナ禍以降、金融界全体で被害が増えており、適切な対策を講じていないと、従業員の長期療養や退職のほか、雰囲気の悪い職場という風評が地域に広がり顧客離れにつながる恐れがある。各金融機関は内部マニュアルの策定や相談体制の整備などを進めているが、抑...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

人事異動 山陰合同銀行(2024年6月1日)
地銀の店舗戦略、削減から機能見直しへ 顧客利便性や職場確保で
地銀、進むTNFD対応 4行・グループが情報開示
東北地区3信金、懸賞付き定期の合同抽選会 菅野・西川町長も参加
抽選会に参加する(左から)菅野町長、菅原長男・宮城第一信金理事長、佐藤祐司・鶴岡信金理事長、山口盛雄・山形信金理事長(6月6日、山形信金本部)

関連キーワード

ES 新型コロナ 営業・店頭体制

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)