七十七銀、24年3月期純利益19%増の298億円 3年連続最高益

2024.05.10 20:59
決算
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
記者会見で決算内容を説明する小林英文頭取(5月10日、七十七銀本店)
記者会見で決算内容を説明する小林英文頭取(5月10日、七十七銀本店)
七十七銀行が5月10日に発表した2024年3月期当期純利益は、前の期比19%増の298億円と3年連続で過去最高益となった。グループ全体でコンサルティング意識が浸透し、貸出金や手数料関連の収入が増加したほか、有価証券運用益の拡大などがトップラインを押し上げた。
銀行単体では、投資信託解約損益を除くコア業務純益が同19%増352億円。資金利...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

七十七銀、全行員をデジタル人材に 25年3月末で〝ベース〟1500人へ
七十七銀、地方創生へTGC運営と協働 SNSで地域の魅力発信
SNSの効果的な活用を訴える佐藤氏(5月25日、東北大学川内キャンパス)
人事異動 七十七銀行(2024年5月20日)
役員人事 七十七銀行(2024年6月27日)

関連キーワード

決算

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)