千葉銀、24年3月期純利益3.5%増の624億円 国内貸出が伸長

2024.05.10 19:10
決算
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
会見する米本頭取(5月10日、千葉市の千葉銀本店)
会見する米本頭取(5月10日、千葉市の千葉銀本店)
千葉銀行が5月10日に発表した2024年3月期連結決算は、純利益が624億円と、前年同期比21億円増(3.5%増)で2期連続の過去最高となった。中小企業向けや住宅ローンなど国内貸出が伸長したほか、前の期に計上した外国債券売却損の反動などがトップラインを押し上げた。
銀行単体では、業務粗利益が1682億円と、126億円の増加(8.1%増)...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

千葉銀と第四北越銀、災害・障害時の日銀ネット相互利用で合意 TSUBASA連携
千葉銀と横浜銀、新たに提携効果250億円めざす パートナーシップ5カ年計画
役員人事 千葉銀行(2024年6月26日)
人事異動 千葉銀行(2024年5月1日)

関連キーワード

決算

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)