中国銀、プラチナくるみんプラス取得 中国地区金融機関で初

2024.05.10 10:13
働き方改革
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
交付式で、岡山労働局からプラチナくるみんプラスの認定を受けた加藤頭取(右、5月9日、中国銀本店)
交付式で、岡山労働局からプラチナくるみんプラスの認定を受けた加藤頭取(右、5月9日、中国銀本店)

中国銀行は、中国地区の地域金融機関で初めて「プラチナくるみんプラス」の認定を受けた。5月9日の認定通知書交付式に加藤貞則頭取が出席した。認定日は4月18日。


同行は2021年4月に「キャリアデザイン休職制度」を創設し、働きやすい職場づくりを推進してきた。同制度では、不妊治療が目的の場合、6カ月以上1年以内の期間で休職が可能だ。同行によると、「不妊治療などに悩む行員からの相談は多く、これまでに行員2人が制度を利用している」という。


今回の認定では、3月にこれまで勤続年数3年以上の正社員に限定していたキャリアデザイン休職制度の対象者をパートや嘱託社員にも拡大したことに加え、不妊治療と仕事との両立に悩む行員を支援するため、男女1人ずつの担当者を配置した専門の相談窓口を設置したことなどが評価された。


9日の交付式で、加藤頭取は「今後も不妊治療と仕事の両立を支援し、長く継続的に勤務できる職場を作っていきたい」と強調した。


プラチナくるみんプラスは、不妊治療と仕事の両立に向けた職場環境整備に取り組み、休暇制度の充実など一定の要件を満たした企業が認定される。

すべての記事は有料会員で!
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

中国銀、ペーパーレス軸に営業改革 業務削減は窓口5万時間・役席1万時間
銀行・大手信金、3割が中途人材増やす 目立つリファラルやスクラム採用
中国銀、初のパート役席者が活躍 強み生かし営業の土台に
部下を指導する浜田支店長代理(右から2人目、岡山駅前支店)
人事異動 中国銀行(2024年3月5日)

関連キーワード

働き方改革

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)