東京海上日動、緊急時に代替輸送を手配 保険で「24年問題」緩和へ

2024.04.30 17:06
保険 働き方改革
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
東京海上日動火災保険は4月30日、事故や車両の故障で不測の事態が発生した際、保険金の支払いではなく代替輸送のドライバーや手段を手配する商品を開発したと発表した。5月から提供開始する。ドライバーの労働時間規制で人手不足が懸念される「物流2024年問題」に直面する輸送業者を支援する。
JHRネットワークサービス(東京都)が提供する代車手配サ...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

東京海上日動、世銀系MIGAと協定締結 新興国への民間投融資促進で
東京海上日動、5大疾病で教育費補償 国内損保初の特約発売
東京海上日動など4社、女性管理職育成でスクラム クロスメンタリングを拡充
相談ごとや面談の日程を話し合うメンター/メンティたち(5月24日、出光興産本社内)
大手損保3社、契約者名など情報漏えい 代理店から乗合損保へメール送信

関連キーワード

保険 働き方改革

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)