さわやか信金、CO2排出量 80%削減 脱炭素の機運醸成にも注力

2024.04.27 04:40
脱炭素 店舗 気候変動対応
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
バッテリーステーション設置で脱炭素推進(4月12日、羽田本部)
バッテリーステーション設置で脱炭素推進(4月12日、羽田本部)
さわやか信用金庫(東京都、篠啓友理事長)は、二酸化炭素(CO2)排出量の削減を進めている。2023年度の排出量は10年前と比べて約80%減少したもよう。あわせて地域の脱炭素機運の醸成にも注力する。
同金庫では、保有車両の削減やエコカーの使用、新電力への切り替えなどで対策を講じてきた。業務用バイクの総台数は、24年3月末で113台と1年間...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

役員人事 さわやか信用金庫(2024年6月24日)
【本紙調査】首都圏信金、広がる中途採用 前職の経験生かし活躍
城西大学の学生に自身の経験を踏まえてアドバイスする元高校教諭で飯能信金の宮島主任(右、6月13日、城西大坂戸キャンパス)
銀行・大手信金、3割が中途人材増やす 目立つリファラルやスクラム採用
首都圏信金・信組の24年問題対策(下) マッチングやM&Aに活路
さわやか信金は運送業向け交流会で業者間のマッチングを支援した(23年12月14日、同信金羽田本部)

関連キーワード

脱炭素 店舗 気候変動対応

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)