静岡県内7機関、企業の脱炭素へ連携 同一の可視化ツール提供

2024.04.22 20:19
提携・連携 脱炭素
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
会議前に開いた会見で概要を説明する金融機関メンバー(4月22日、静岡県産業経済会館)
静岡、スルガ、清水の3地方銀行と静清、浜松いわた、三島、島田掛川の4信用金庫は、地元企業の脱炭素化へ連携を深める。同一の温室効果ガス(GHG)算定ツールの利用促進を図り、カーボンニュートラル移行を促していく。4月22日に静岡県産業振興財団企業脱炭素化支援センター、静岡県信用保証協会と連携会議を開き、方向性を確認した。
地元企業の算出デー...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

銀行・大手信金、3割が中途人材増やす 目立つリファラルやスクラム採用
信金の新NISA、46万口座超 トップは京都中央【独自調査】
静岡銀、生成AI機能搭載のPKSHAチャットボット 一部照会業務で活用開始
清水銀袖師支店、ソリューション営業が奏功 貸出金残高5億円増
取引の状況を確認する杉山支店長(左から5人目、4月23日、同店会議室)

関連キーワード

提携・連携 脱炭素

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)