鹿児島銀、年240件の事業承継相談 専門組織新設し支援強化

2024.04.12 14:00
提携・連携 事業承継支援 M&A
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
鹿児島銀行は事業承継に関する相談が増えており、2023年度は営業店経由などで約240件の支援要請が届いた。24年4月には地域支援部内に「事業承継サポート室」を新設、プロパー支援と外部機関との連携による支援を強化していく。
顧客ニーズを最優先するが、技術やノウハウ、資本などが県外流出するリスクを減らすため、営業エリア内での事業承継を重視し...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

九州FG、24年3月期純利益7%増の264億円 過去最高益を更新
決算発表する笠原社長(5月13日)
人事異動 鹿児島銀行(2024年5月1日)
鹿児島銀小林支店、協調融資へスピード対応 「中継役」担い意思疎通円滑に
ひいらぎHD本社内のバーカウンターで談笑する柊崎社長(左)と安水支店長(3月25日)
鹿児島銀、酒気検知「Noruどん」アプリ独自開発 外販も計画
アルコール検知器を使い実演する行員(4月23日、本店別館)

関連キーワード

提携・連携 事業承継支援 M&A

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)