サーブラボ、会員行のDX支援に幅 業界底上げや先進行を後押し 賛助会員制度を本格化

2024.04.06 04:50
DX AI 第二地銀協
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
第二地方銀行協会のオープンイノベーション組織「SARBLAB(サーブラボ)」は、会員行のデジタルトランスフォーメーション(DX)支援で、内容に幅をもたせる。業界全体の底上げを図る一方、先進的な銀行の取り組みを後押しする。他業態の金融機関や一般企業に門戸を開いた「賛助会員制度」を2024年度から本格化。外部の力も生かして、各地域の課題解決に...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

人事異動 富山第一銀行(2024年5月24日)
富山第一銀、「学び続ける」組織めざす ポイント制度や手当拡充
中小企業診断士対策講座の様子。自宅などからオンラインで受講する行員もいたという(5月18日、本部、富山第一銀提供)
セレンディップHD、金融機関出向者を育成 現場理解深め社長の右腕に
人事異動 富山第一銀行(2024年5月17日)

関連キーワード

DX AI 第二地銀協

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)