肥後銀、熊本大学図書館の命名権取得 100周年事業で

2024.04.01 19:16
社会・地域貢献 周年
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
記念式典に参加した(左から3番目)小川学長と笠原頭取ら(4月1日、熊本大黒髪北キャンパス)
記念式典に参加した小川学長(左から3人目)と笠原頭取(同4人目、4月1日、熊本大黒髪北キャンパス)

肥後銀行は、熊本大学黒髪北キャンパス附属図書館中央館のネーミングライツ(命名権)を取得した。愛称は「ひご未来図書館」で、期間は4月1日から27年3月末まで。2025年に迎える創立100周年記念事業の一環で、地域活性化に寄与する。


熊本大が教育研究の向上を目的に、大学施設などの命名権を募集していた。学生や地域住民の利用が多いことや知識の集積ができることから、ネーミングライツ取得を決めた。愛称は若手行員から募り、「躍進する未来を作り上げていこう」との思いを込めた。


学生がディスカッションなどで利用するラーニングコモンズ(アクティブエリア)にも「HigoBank Learning Commons」と名付けた。


4月1日、同大で開かれた記念式典で笠原慶久頭取は、「学生や地域のみなさんに愛される図書館になってほしい」と期待を込めた。小川久雄学長は、「地域のみなさんに親しんでいただき、ネーミングライツを通じて交流が深まることを期待する」と挨拶した。


同行が施設の命名権を取得するのは初めて。今後、図書館を利用して郷土史や金融などのセミナーを実施することを検討している。

すべての記事は有料会員で!
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

銀行・信金、6割が来春初任給引き上げ 「大卒26万円」目安に
初任給引き上げの前倒し実施がサプライズ発表された福岡銀の入行式。前列中央は五島久頭取(4月1日)
肥後銀、行員スキル向上を支援 女性支店長主催の勉強会
女性支店長主催の勉強会。参加者に質問を投げかける三嶋支店長(3月9日、本店)
金融界、利上げ交渉本番へ 研修やQ&A作成し準備 やりがい復活に期待
肥後銀、保証申し込み手続きを電子化へ

関連キーワード

社会・地域貢献 周年

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)