中央労金、27団体に1467万円 市民活動助成制度で

2024.04.01 17:51
寄付 起業・創業支援
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
中央労働金庫(東京都、杉浦賢次理事長)は、4月末にも市民活動助成制度に基づき営業地区1都7県の27団体に、総額1467万円の助成金を交付する。
2020年度に始めた「中央ろうきん助成制度〝カナエルチカラ〟」に基づき、最長3年間、市民団体の事業立ち上げ・定着・拡大を図るもの。24年度は、助成1年目が16団体773万円、2年目が8団体394...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

役員人事 中央労金(6月28日)
中央労金、26団体に1488万円 市民活動助成制度で
中央労金、東経大と奨学金問題解決へ 啓蒙DVD共同制作
東経大で制作動画を確認するゼミ生と労金職員ら(1月12日、東京都国分寺市)
中央労金、法大生発想でメタバース CSRサイトに導入検討
法大生の発表を聞く労金幹部ら(12月9日、同労金本部)

関連キーワード

寄付 起業・創業支援

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)