みずほ銀とみずほ証券、M&A助言会社に出資 日本経営システムと協業

2024.04.01 18:32
M&A ファンド・出資
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
みずほフィナンシャルグループ(FG)傘下のみずほ銀行とみずほ証券は4月1日、旧日本興業銀行系コンサルティング会社である日本経営システム(東京都)が設立したM&A(合併・買収)助言会社Japan Blue M&Aアドバイザリー(JBMA)に出資したと発表した。みずほ銀、みずほ証券、日本経営システムの3社で協業し、M&A事業を強化する。
J...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

大手証券の24年3月期、株高受け相次ぎ好決算 個人営業けん引 
大手証券、ESG債主幹事競う 多様な企業ニーズに対応
メガバンクなど、宇宙ファンドに出資 スパークスに総額110億円
みずほ証券、楽天証券との新会社開業 中高齢層へ資産相談
(左から)楠・楽天証券社長、進藤・Miraiウェルス・パートナーズ社長、浜本・みずほ証券社長、中山博史・みずほ証券常務執行役員(4月23日、大手町ファーストスクエア)

関連キーワード

M&A ファンド・出資

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)