横浜銀、窓口収納で手数料新設 県内全自治体と覚書

2024.04.01 12:17
手数料 税・公金
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
横浜銀行は4月1日、神奈川県や横浜市など県内各自治体の税公金出納業務にかかる手数料を新設した。3月末までに各自治体と個別に覚書を締結した。
【関連記事】横浜銀、税公金の社会コスト削減へ 持続可能社会実現を主導
「窓口収納手数料」は1件300円、「地方税納税サービス」は1件200円(5年間)で、対象税目は「個人住民税(特別徴収分)」。ほ...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

地銀、来春新卒選考で〝脱・定番化〟 横浜は特別枠、南都「友人紹介」
横浜銀、金融教育の取り組み強化 ツールなど整備・開発
銀行・信金、新卒採用が18%増の1万2000人台 コロナ前回復
横浜銀、サーチファンドで2案件成立 後継者に悩む中小企業支援
写真撮影に応じる(左から大木暁・常務執行役員本店営業部長、山根孝・NSF代表取締役、矢嶋氏、松谷氏、片岡頭取)

関連キーワード

手数料 税・公金

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)