さわやか信金、大田区と包括連携 産業振興などで協力

2024.03.28 18:10
提携・連携
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
包括連携協定を締結した(左から)大田区の鈴木区長とさわやか信金の篠理事長(3月28日、大田区役所)
包括連携協定を締結した(左から)大田区の鈴木区長とさわやか信金の篠理事長(3月28日、大田区役所)

さわやか信用金庫(東京都、篠啓友理事長)は3月28日、東京都大田区と包括連携協定を締結した。ものづくりやスタートアップ支援などの産業振興や観光、SDGs など多方面で連携し、同区の活性化を後押しする。


同信金にとって同区は本部と18拠点(16支店、2出張所)を置く主要営業エリア。今後、区内事業者の金融支援に加え、区政情報の発信やPR、SDGsの推進に取り組む。


4月から同金庫職員が大田区産業振興協会に1人常駐。夏頃からは、同区の創業支援拠点「六郷ベース」に定期的に職員を派遣し、補助金申請やマッチングを支援する。区内の店舗に専用ラックを設け区政の情報発信を行う。


当日、同区役所で開催した締結式で篠理事長は、「(大田区には)当金庫が開催する物産展の会場をお貸し頂くなど、様々な機会でお世話になっている。今回の協定締結を機にさらなる連携強化を図りたい」と挨拶。鈴木晶雅区長は同信金に対し、「ものづくりをしたい人と製造業をつなぐプラットフォームの構築に尽力いただいた。信金ならではの細やかな取り組みを期待している」と強調した。

すべての記事は有料会員で!
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

首都圏信金・信組の24年問題対策(下) マッチングやM&Aに活路
さわやか信金は運送業向け交流会で業者間のマッチングを支援した(23年12月14日、同信金羽田本部)
品川区しんきん協議会、能登半島地震の被災者支援で講演会
現地の被災状況を報告する前口支局長(3月26日、城南信金本店)
さわやか信金、多摩川支店が新装オープン
テープカットに臨む篠理事長(左から4人目)(3月18日、さわやか信金多摩川支店)
さわやか信金、「創業」「製造業」でセミナー HICityオープン記念
「プラッとものづくり」のサービス内容について説明するテクノアの佐々木氏(11月17日、さわやか信金ビジネスマッチングセンター)

関連キーワード

提携・連携

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)